ブログに戻る

無料Confluenceを活用したIT情報の整理

こんにちはプロセスコンサルタントのYoshiyaです。
10月に入り涼しくなってきました。一番好きな季節です。

弊社はIT化支援する際にHubspotの他にアトラシアン製品他様々な製品の導入とトレーニングを行っています。

ITツール関連の情

報が電子的にファイリングされていない


最近グーグルG-suiteがSaaS製品の認証として利用されるケースが多いためG-suiteの導入を推奨しています。特にHubspotの運用にはG-suite連携によるメールの開封機能が標準であるためG-suiteの導入を前提としています。

今ある複数のクライアントにHubspotの導入を行う前提としてG-suiteの導入を行おうとしているのですが、現在使っているメールサービスからG-suiteへの移管をする際に、IT関連をまとめた情報が整理されていないケースがいくつかありました。

最低限管理する情報

  • ドメイン管理ツール
  • DNS管理ツール
  • メールサービス管理
  • Hubspot等、各種SaaS製品の管理
  • 製品毎の見積もり情報等
  • PC等の情報
  • IT機器のリース期間

ITツールの情報は電子的にファイリングを行う必要があります。それは、紙からURL等の情報を入力することは入力間違い等で作業が面倒になってしまう等作業性に影響するためです。ITツールはマニュアルや設定等は現在ほとんどWEBでの提供となっています。ITツールの整理や管理にはITツール上で整理をすることを推奨します。

無料Confluenceで社内IT情報を整理

弊社では、ITツールの情報整理を無料のConfluenceにて行っています。ツールの見積もり等の結果もConfluenceにて共有しています。クライアント毎に無料のサイトを立ち上げてお互いに情報をストック

製品や機能別に整理をすると同時に、ツールやプロセスの改善のための管理をConfluence上で行うことができます。また、複数のタスクが発生する場合は無料のJira Softwareにて簡易にタスク管理を行うことも可能です。

*G-suiteを利用されている企業においてはConfluenceはGoogle認証を利用できるため便利です。

 

業務改善等もおこなっていますが、ほとんどが情報の整理です。

情報が整理されているだけで改善する場所が直ぐにわかります。

社内情報を探す手間が無くなれば業務やプロジェクト等の効率はアップしますので物事の整理の仕組みは企業にとって重要な部分と考えます。

 

弊社は10月16日(金)12:00-13:30に企業のプロジェクトの運用力向上についてのイベントを開催いたします。アトラシアンとの共催です。Confluenceやslack・Jira等の連携についても解説いたします。

12:00スタートですので是非ランチを食べながらイベントを視聴ください。

 

イベント詳細