INNOOV ブログ

組織を良くしたいすべてのビジネスパーソンへ

投稿者 Miyu Inagaki:

がっきーのデスク紹介

がっきーのデスク紹介

弊社ではフルリモート勤務が可能で、私は入社した2020年12月からずっとリモートで勤務しています。フルリモートで働く際の課題の一つとして、自宅でどのように仕事に集中するかということが挙げられます。そこで今回は私が実際にリモートワークを行なっているデスクのセッティングやそのこだわりポイントをお話しします。

働きやすい文化をつくるためのコミュニケーションとは?|がっきーの海外インターン体験記③

働きやすい文化をつくるためのコミュニケーションとは?|がっきーの海外インターン体験記③

お久しぶりです、がっきーです。前回の「がっきーの海外インターン体験記」では、タスクの透明性の上昇とコミュニケーションには相関があることをお話ししましたリモートワークが盛んな今、より一層コミュニケーションは一筋縄ではいかなくなってきましたよね。そこで今回は、コロナ禍やリモートワーク環境でもすぐ実践できる、より良いコミュニケーションの取り方に加えて、スムーズにコミュニケーションが取れない場合にはどのようなことが起こりうるのかを実体験を踏まえてお話しします。

なぜオランダをはじめとするヨーロッパ各国ではコロナワクチン接種が早く進んだか

なぜオランダをはじめとするヨーロッパ各国ではコロナワクチン接種が早く進んだか

国内ではコロナのワクチンに関して「他のヨーロッパの国々より遅れている」と不満の声が挙がっています。一方オランダでは迅速にワクチンのキャンペーンが進み、日本にいる50代の両親や78歳の祖母より当時22歳の私が先に打てました。弊社内でその話をするとオランダをはじめとするヨーロッパでは政府がアジャイルな対策をしているからではないのかという仮説が浮かび上がりました。そこで今回はなぜこのようにヨーロッパではワクチン接種がスムーズに進んだかを考察します。

公平な評価が伴わない工数管理の実態|がっきーのインターン体験記②

公平な評価が伴わない工数管理の実態|がっきーのインターン体験記②

こんにちは、SAFe®︎ SAのがっきーです。SAFe®︎ SAとは、企業のリーンアジャイルへの変革に向けて、SAFe®︎を導入するために必要な知識とステップを理解しているリーダーの一人です。このシリーズでは筆者がSAとして海外インターンを経験した際に感じたペイン(ここでは、企業での課題点を身に染みて感じるという意味)をシェアします。

ジョブ型の盲点|がっきーの海外インターン体験記①

ジョブ型の盲点|がっきーの海外インターン体験記①

私事ですが、筆者は10月末にSAFe®︎ Agilistの資格を取得しました。弊社に入社した当初からonboardingでリーンやアジャイル、働き方の改善について学んできましたが、SAFe®︎の資格取得勉強をすることにより、さらに具体的なベストプラクティスの導入の仕方などを学ぶことができました。

オランダの子どもたちが幸せな理由は親の労働環境にあった!【INNOOV海外部】

オランダの子どもたちが幸せな理由は親の労働環境にあった!【INNOOV海外部】

日本で働くあなたに質問です。あなたは働くために生きていますか?それとも生きるために働いていますか?オランダに住む人々の多くは後者だと言うでしょう。そしてそれが本人の幸せのみならず、家族の幸福度にもかかわっているのではないかと思います。

心理的安全性が高いチームにするためにリーダーが今日からすべきこと

心理的安全性が高いチームにするためにリーダーが今日からすべきこと

リモートワークをする機会が増えた今、チームメンバー個人の心理的安全性を高めることは以前にも増して重要になったリーダーの役割だと言えます。例えば、zoomのタイムラグによる発言のクラッシュへの不安や、オフィスにいる時ほど気軽に他のメンバーに声をかけられないストレスなど、意見をシェアできる機会が減ったことが挙げられます。社員一人ひとりの心理的安全性を高めることで、発言をするハードルを下げることができます。そこで、今回はその第一歩として「アイコン設定」を推奨します。

日常に行き届いたオランダのキャッシュレス事情とは【INNOOV海外部】

日常に行き届いたオランダのキャッシュレス事情とは【INNOOV海外部】

昨今は日本でも主にコロナ禍が原因でオンライン化が進んでいます。この一年半程で「オンライン」は飲み会、講義、決済などたくさんの名詞の枕詞になりました。先月、弊社のミーティング中に日本のフィンテックの話になり、比較対象としてオランダの行政や金融機関でできることシェアした際に、日本のオンライン化の進み具合とのギャップを再認識することになりました。そこで、今回はリアルなオランダのオンライン決済事情についてご紹介します

変化に強い企業になるには?

変化に強い企業になるには?

2020年3月に初めて緊急事態宣言が出てから一年以上経ちましたが、未だ経済は停滞したままです。実はそのような中でも成長を続けている企業があり、そのような企業には共通点があります。ひとつは変化に対応する力があることです。Stripe(ストライプ)は、”Adaptive Mindset” 直訳すると「適応性のある考え方」を提唱しました。成長企業にはこの考え方を持った経営陣が必要です。そこで、今回はAdaptive Mindsetとは何か、どのような利点があるのかをご紹介します。